当院の治療法は総義歯、咬合の第一人者である阿部晴彦先生の開発なさった SHILLA SYSTEM によります。院長は10余年の研鑽のよりその原理原則を取得いたしました。

最終目標は、1)左右対称 2)左右同高 3)左右同矢状傾斜 4)均衡接触 5)有機咬合 であり治療が終わった口腔内はきれいで美しく、よって機能的であり壊れにくい咀嚼器の完成です。

ビフォーは様々な原因で咬合が乱れてしまった患者さんの術前写真です。きれいではありませんね。
アフターは咬合再構築された術後の写真です。きれいですね。
きれい、美しいということは、機能的に良いということです。

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター

ビフォー

アフター